借家VS持ち家

世の中には多くの「良くある対立」というものが存在しています。
中には何十年にもわたって議論がされており、未だに結論が出ていないものもあるでしょう。
そんな中の1つであるのが「借家VS持ち家」ではないでしょうか。
昔からこの2つのどちらが優れているのかということが議論となり、今なお両者譲らない状況です。
そこでここでは、借家と持ち家、どちらの方がよいのか、ということを幾つかの視点から見てみることにしましょう。

まず住宅について考える場合、「お金」が重要なポイントとなってきます。
借家の場合には月々の家賃の積み重ねが、持ち家の場合には購入に掛かる費用が必要であるわけで、いずれにせよお金は欠かせません。
ある意味ではこのお金の部分がどちらが優れているのか論争を激しくしている部分といえるでしょう。
単純に家賃と購入費用だけでは比較できない事情があるのが難しい所です。

次に、それぞれの住宅スタイルのメリットとデメリットについても紹介します。
借家には借家の、持ち家には持ち家のメリットとデメリットがあり、それぞれを見据えて自分に取ってどちらの方が優れている物件なのかを考えなければなりません。
難しいのがこの「自分にとって」という部分です。
住宅に関するメリットデメリットは人によって感じ方が違う部分も多いため、なかなか一概には判断出来ないのです。
そして最後に「不確実さ」を考えた有利不利の判断について紹介します。
人生は思った通りには進まないことも多いのです。